コーヒーをオーダーした

隅田川にかかる厩橋、その台東区近所のたもとに、ちっちゃなカフェがありました。おとうさんがその仕事場の世の常で、当時小学校だった私も時々連れて行って貰っていました。

子ですから苦々しいコーヒーではなく、飲料を呑むのですが、でも随時大人ぶってコーヒーをオーダーしたものです。とは言っても砂糖を思い切り入れて軽くして飲んでたんですが。

そのカフェも10階級ほど前に廃業してしまいました。けれどもそのコーヒーが、身にとってはコーヒーの真実だったのです。

そしたら色々なお仕事場でコーヒーを呑みました。それなりに美味しいコーヒーはありましたが、あのカフェの味覚ものの感じはありませんでした。

そういうある日、入谷の道裏にある古ぼけたカフェに何の思い無しに入ってみました。余り期待をせずコーヒーを口にしてみると、なんとなく思い出深い味覚がします。

もしかしてとして、砂糖をたっぷりと入れてみました。すると、あの思い出深いカフェのコーヒーの味覚が口の中に広がってきたのです。

マスターの素材を伺いましたが、あのカフェのことは知らないそうで、ちっともの無縁そうです。でもミニの種類という売り手を教えてくださいましたので、今度買いに行って自宅で淹れてみようと思います。

思わぬところで思い出深い味覚って再会できた一日でした。
出会い系を東京調布使うならアプリが熱いらしい