CPUクーラーはホコリで停滞する

暑い夏季がやってきました。人となり同様にパソコンも暑さ結論が必要ですね。

我々はクラスに数回デスク首席PCの内側純化をしています。

パソコンの最大の敵手は高熱だ。特にCPUクーラーはホコリで停滞すると高熱興奮の原因となりますから純化は必須です。

さて私の純化施術ですが、マザーボードからCPUクーラーを外し、航空ダスターでホコリを取り除きます。

我々は吸気口には換気扇用のフィルターを張り付けてあるため、ホコリは小さ目だ。目詰まりしてから純化するのでは遅いので、これでグッドタイミングだとしていらっしゃる。

次にマザーボード・電源追っかけ、吸気・通風追っかけ、容器内部のホコリも航空ダスターで吹き払います。ホコリ自体が熱を帯びるので余計な不潔はちゃんと排除したいところです。

さて、純化が終わったら、外したものをちゃんと置きます。CPUクーラーにはグリスを塗って押し付けます。古くさいグリスを綺麗に取り除いてから塗りつけるのが重要ですね。

よく薄塗りが基本と言いますが、我々はめったに気にせず塗っていらっしゃる。

コネクタの挿し込みが浅かったり、抜けた通り埋め合わせを閉じたりすることがたまにありますので、丁寧にチェックをします。

過去にCPUクーラーの開設不良でOS機能中に電源が落ちる経験をした事があります。クーラーが浮いていたのですね。ここも要テストな先だ。

内部のテストが終わったら電源を入れて崩れの有無を確認します。無事にパソコンが機能したら内部の気温をチェックします。

我々は「HWMonitor」というフリーソフトとしていらっしゃる。こういうソフトウェア、CPUや内部の気温はもちろん、追っかけのサイクル総和や各国の電圧までモニタリングが出来る優れものです。

アイドリングときのCPU自身気温が40℃以下というのが私の調子だ。クーラー増量5℃位を目指す他人もいるようですがそこまでは勧めません。

数に崩れが無ければオペレーション卒業。オペレーション間半を目安に終わらせていらっしゃる。

普通見えないパソコン内側、定期的に清掃して安心して払えるようにクリーンな状勢を保っていらっしゃる。
出会い系を群馬使うならアプリが熱いらしい